子どもの主体的な学びを促し、
子どもの今を伸ばします!

モンテッソーリ幼児教室

写真は一般社団法人日本モンテッソーリ幼児教室協会からお借りしています

モンテッソーリ幼児教室は、<br>子どもの発達をとことん見つめ観察し、<br>子どもの自主性を信じ、見守り、子どもの今を伸ばします。

モンテッソーリ幼児教室は、<br>子どもの発達をとことん見つめ観察し、<br>子どもの自主性を信じ、見守り、子どもの今を伸ばします。

モンテッソーリ教育は、イタリア初の女性医学博士である、マリア・モンテッソーリ(1870-1952)によって開発された教育法です。マリア・モンテッソーリは、子どもの発達の過程を医師として科学的に観察し、生理学的な根拠に基づいた教育法を構築しました。個別の発達に沿った日常生活のお仕事を通して、子どもが能力を発揮する場を設け、最適な時期にそれぞれの能力を獲得していくことが大切だと考えたのです。

モンテッソーリ教育の目的は、「自立していて有能で、責任感と思いやりがある、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てること」にあります。

モンテッソーリの活動の流れ

子どもの敏感期に対応するものや
教材を予め準備しておきます。
講師が子どもにやり方を「提示」します。
※言葉で教えるのではなく、
黙って、ゆっくり、行動で示します。
子どもは繰り返し集中して、
自分で終わりを決め、自分で片付けます。
※モンテッソーリの活動中、
講師や保護者は子どもの活動を妨げません。

モンテッソーリの感覚教育法に基づく教材

モンテッソーリ幼児教室では、子どもが自分で見て、考えて、選んで、自分のリズムで取り組んで、自分で片付けることができる環境と多様な教材を整えています。モンテッソーリの感覚教育法に基づく教材は、教具の形、大きさ、手触り、材質にまでこだわり、子供たちの繊細な五感をやわらかく刺激するよう配慮しています。

※教具の一例です。
○ピンクタワー ○円柱さし ○色付き円柱 ○色板 ○幾何学立体 ○二項式 ○実体認識袋 ○触覚板 ○雑音筒 ○嗅覚筒 他多数

モンテッソーリ教育を受けた子どもの共通項

  1. 自分のことは自分でやろうとする
  2. 自分のことが一段落すると助けの必要な子に手を差しのべる
  3. 人の話をしっかり聴くことができる
  4. 先のことまでを見通して活動することができる
  5. 自分の感情をコントロールすることができる決まりや約束を守ることができる
  6. リーダーシップを発揮するようになる
  7. 感性が育っている
  8. 興味や好奇心が旺盛である
  9. 集中力や持続力がある
  10. 周囲の人に流されない
  11. 自分で目標を決めて努力する
  12. 器用である

年を経るにつれて、モンテッソーリ教育を受けた子どもにはその効果が現れはじめます。自ら判断して実行する力を持ち、人間関係において個性を発揮しながらも調和と協調を失わず、自己否定に落ち込まない明るく前向きな人生観を持って育っていくことが教育の現場で実証されています。

モンテッソーリ教育を受けた著名人

モンテッソーリ教育は、世界で活躍する多くの著名人を輩出し高い支持を受けています。その中には、藤井聡太棋士をはじめ、豊かな創造性を備え、独創性を発揮して世界に影響力を及ぼしている人物が数多く含まれています。

第44・45代米国大統領でノーベル平和賞受賞者バラク・オバマ、アマゾン創業者ジェフ・ベゾス、現代経営学の父ピーター・ドラッカー、フェイスブック創業者マーク・ザッカーバーグ、ウィキペディア創設者ジミー・ウェールズ、アカデミー賞俳優ジョージ・クルーニー、マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ、英国王室ウィリアム王子とヘンリー王子、アンネの日記著者アンネ・フランク、チェロリスト ヨーヨー・マ などそうそうたる顔ぶれです。

グーグル創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは、ABCのインタビューで成功の要因として「モンテッソーリ教育を受けた影響が大きかった。」と答えています。また、「決められたルールや学校秩序にとらわれず、世界で今何が起きているのかを追求し、何か違うことをしてみようかなと自分で意欲的に考えるトレーニングとなったんだと思う。」とも語っています。

開設校舎
  • 長久手校(長久手市)
インファントコース
  • 母子一緒(0歳~3歳のお子さまと保護者)、母子分離(3歳~6歳のお子さま)、いずれかをご選択いただけます。
  • 1回75分(モンテッソーリの活動60分と歌・絵本・実験・製作など15分)
  • 隔週1回(年間20回)または毎週1回(年間40回)
  • 授業欠席の場合、振替受講が可能です。
プライマリーコース
  • 母子分離(3歳~6歳のお子さま)
  • 1回50分(モンテッソーリの活動50分)
  • 週1回(年間40回)または週2回(年間80回)
  • 授業欠席の場合、振替受講が可能です。
クラス定員
  • 4組
入会までの流れ
  1. [個別説明会](無料)にご参加下さい。※お子さまの同伴可能です。
  2. [体験授業](有料)を受講して下さい。
  3. 入会手続き完了後、正式に入会となります。